小児歯科

当院の小児歯科

こどもの歯の治療は予防重視
歯医者が得意になるための治療を

歯の健康は乳歯(子供の歯)から

ダミー

当院は、お子様の歯の治療を行う小児歯科も行なっています。乳歯だからと言って虫歯を軽く考えていると、後の永久歯に影響を及ぼすこともあります。お子様の歯の生え方や、磨き方など、これで十分なのかなと疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。お子様の将来の歯を守り、歯にコンプレックスを持たせないためにも、お子様には特に定期的なご来院をお勧めしています。

乳歯や生え変わった歯はデリケート

ダミー

乳歯は、小さくやわらかで虫歯にかかりやすい歯です。虫歯の初期は、白っぽく、進行するに従って茶色から黒く変色していきます。子供の乳歯は小さく、白っぽい初期の虫歯は見落としやすく、うっかり進行させてしますことも少なくありません。生え変わってすぐの永久歯も同じようにデリケートです。ご家庭で子様の歯を隅々までじっくり観察することもなかなか難しいのではないかと思います。

無理に治療を行うことはありません

ダミー

お子様の年齢にもよりますが、治療を行う上で、お子様自身が治療という行為を受け入れられるかどうかが非常に重要です。嫌がっているお子様に無理やり治療を行うことは、心に傷を負わせてしまうかも知れません。様子を見ながら、無理な治療は行いませんのでご安心下さい。

緊張をほぐす工夫

ダミー

お子様の治療の場合、治療チェアではアニメのDVDなどをご覧いただきながら治療を行います。お子様のお気に入りのDVDなどをお持ちいただけましたらかけさせて頂きます。苦痛なくスムーズに治療できることが一番です。ご要望がございましたらぜひご相談下さい。

当院の小児歯科のポイント

お子様自身ともコミュニケーション

ダミー

保護者の方だけでなくお子様とも、簡単なヒヤリングなどからコミュニケーションをとり、歯科に安心感をもっていただきます。

治療の前に不安を和らげる説明

ダミー

慣れない器具を口に入れられるのは、大人でも不安や恐怖があります。お子様には器具を使用するごとに、見たり触れたり(安全な範囲で)しながら、何がどうなるのかをちゃんとご説明し、まずは歯医者に対する不安を取り除きます。

こどもの歯には予防中心

ダミー

やはり虫歯予防が非常に大切です。楽しく歯磨きの練習をしたり、フッ素塗布などで無理なく歯を守るなど、お子様自身でも歯を守る習慣づくりも歯医者の役割だと考えています。

小児歯科の主な役割

虫歯から歯を守るためのフッ素塗布や、歯磨きの練習を行っています。お子様の歯を磨く際の仕上げ磨きのポイント、歯ブラシや歯磨き粉の選び方などもアドバイスしていますのでお気軽にご相談ください。お子さまの歯の健康のためまず歯医者が得意になってもらうことを第一に考えています。

正しい歯磨きを身につけます

ダミー

虫歯予防の基本はなんといっても歯磨きです。意外と大人の方でも歯磨きの方法に自信を持っている方は多くありません。歯磨き・ブラッシングは、子供のころから正しい方法を身につけておきたいものです。自分でちゃんと磨けるようになるとお子様の自信にもつながり、将来にわたってたくさんの歯を健康に残せるようになります。

フッ素塗布で歯を強くします

ダミー

やわらかい乳歯にも生え変わったばかりの永久歯にも、フッ素は効果的です。フッ素は、歯の再石灰化を助けて、修復を促します。虫歯菌の酸を抑制したり、ミネラルを溶けにくくするので、定期的にフッ素を取り込んで歯を強くすることをおすすめしています。

なにより安心のために

ダミー

たいていの虫歯は治療可能ですし、予防の方法もいくつかあります。ただ生え変わりの時期や歯の生え方、歯の大きさや色、お口や舌のくせなど、個人差もたくさんあるので、ご心配されることもあると思います。年に数回、歯医者に診せておくことでお口の心配はずいぶん少なくなると思います。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
診療のご予約